一攫千金を狙っている人必見!海外FX口座の基礎知識を解説

初心者の注意点

グラフ

取り引き前にすることは

NISAやidecoといった政府手簿の減税政策が打ち出されたことをきっかけに、株取り引きを始める方が多くなりました。しかし最初はどんな会社の株をいつ買ったらいいのか等わからないことだらけだと思います。まず初心者が最初にするべきことは、株の売買にいくら金額をまわすことができるか、いくらまでの損失なら許容できるかを決めることだと思います。これはある意味銘柄選びより重要で、株式入門の本にも書かれているのですが、いくらお金を株にかけることができ、そこからいくら減っても耐えられるかを決めることで購入する銘柄や損切ラインが決まるからです。入門したての方はこの辺を飛ばして銘柄選択に走る場合が多く感じます。株取り引き入門としては10万円以内から買うことができる銘柄がよいでしょう。これらの金額で買える銘柄は大きく伸びることはないですが、大きく下落する心配も少ないのです。特に銀行系の銘柄は配当も多く出していることも多いので、決算日に配当を貰う楽しみも味わえます。また株取引の入門者の大きな目当てとして株主優待が挙げられます。これは権利確定日に株を一定数所有していた株主に対して企業が相応の金券屋自社製品を送る試みです。これらの銘柄は権利確定日近くになると優待目当ての買いが殺到し、権利が過ぎると売られる傾向にあります。そのため高く買ってしまい安く売るはめになりがちですので、優待目当ての方はこれらの期間を外すことが賢明でしょう。