一攫千金を狙っている人必見!海外FX口座の基礎知識を解説

海外口座でFXトレード

株式

XMでFXのトレードをしている日本人は多数います。国内では出来ないハイレバレッジを可能とし、日本語の対応に力を注いでいるので語学力を必要としない柔軟さで注目されています。口座開設に戸惑う作業はなく、日本語案内で分かりやすく説明されている事に加えてサポート体制も充実。利用しやすく工夫がされています。

詳しく見る

硬貨

小口資金の活用法

初めて証券会社で金融商品を購入する場合には、小口資金で買える投資信託や低位株を積極的に活用するのが理想的です。ミニ株は通常よりも売買単位が小さいので入門者でも利用しやすく、ETFを活用するとグローバルに資産運用が行えるでしょう。

詳しく見る

グラフ

迷わず選ぶには

今非常に注目されているのが株エヴァンジェリストです。株エヴァンジェリストの特徴の一つに会員登録だけなら無料でできる事があります。さらに無料でも色々な情報を得られます。もちろん有料会員になる事でさらに多くのアドバイスを得られるようになります。

詳しく見る

株

FXを始めるにあたり

海外FX口座はレバレッジやキャンペーン、入出金方法等で国内業者とは大きく取り扱いが異なっていますが、少ない資金で投資が出来る点や投資資金を効果的に増やすキャンペーン等魅力は多々あります。また海外fx業者では口座毎に取引単位やレバレッジを選ぶ事が出来る等、利便性は高いです。

詳しく見る

株式

海外FXの活用について

海外fxで口座開設する目的の1つはレバレッジです。XMでは888倍が可能ですが、日本の業者は25倍までとなっており、XMを利用すれば投資効率が高まると言えます。また口座開設者には投資資金をプレゼントする等、キャンペーンも充実している事から人気となっています。

詳しく見る

グラフ

初心者の注意点

株取引で破産をした、借金漬けになったという人の記事を見ることがありますが、そう言う人は信用取引で自分の所持金以上の取引をして損切を誤った人たちが大半です。入門者の方は株にかけられるお金とそこから失っても構わない金額を決めてから取引を行ってください。

詳しく見る

電卓と紙幣

初心者でも安心の投資顧問

株の投資で大事なことは最新の情報を集めることです。初心者はどの情報が重要でどのように分析するのかがわからないのです。そのような場合に必要なのが投資顧問の会社です。人気があるのは株エヴァンジェリストです。有名な女性投資家の助言がもらえますし、無料プランがあります。有料プランも月に10万円です。

詳しく見る

一攫千金への近道

株式

日本の外のFX業者

現在日本でFX業者を利用する場合、レバレッジ規制により25倍のレバレッジまでかけられるようになっています。利用者の自己破産を防ぐために取り決められた規制ですが、大きく利益を稼ぎたいトレーダーからは足かせになり、大きく儲ける機会を逸していますこともあります。損失のリスクを承知の上ならば海外FX口座の開設を検討してみてはいかがでしょうか。日本では規制で25倍までの取引でも海外FXなら400から500、最大3000倍までのレバレッジを可能としています。レバレッジが大きくなるほど少ない証拠金で大きな取引を可能としていますので、チャートや相場を見る目によっては、海外FXなら一攫千金も夢ではありません。また国内のFX業者で取引をして、事前に口座に入金した証拠金以上の損失が発生した場合追証という追加証拠金の入金を迫られますが、海外FXならそれら追証は発生せず、高いレバレッジで取引をしているとはいえ口座に入金した証拠金以上の金額を要求されることがありません。また海外FXといっても英語ができなければ使うことができないわけではありません。大手の海外FX口座は日本語対応のホームページを開設しており、口座開設の際の電話対応でも日本人スタッフが在籍しているためスムーズに開設ができます。ほかにも一定期間に証拠金をどれだけ増やせたかを競うコンテストがFX業者ごとに行われており、優勝すれば100万ドルとFXの取引で稼ぐ額以上の賞金を狙うこともできます。

PICK UP

株式

海外口座でFXトレード

XMでFXのトレードをしている日本人は多数います。国内では出来ないハイレバレッジを可能とし、日本語の対応に力を注いでいるので語学力を必要としない柔軟さで注目されています。口座開設に戸惑う作業はなく、日本語案内で分かりやすく説明されている事に加えてサポート体制も充実。利用しやすく工夫がされています。

詳しく見る

硬貨

小口資金の活用法

初めて証券会社で金融商品を購入する場合には、小口資金で買える投資信託や低位株を積極的に活用するのが理想的です。ミニ株は通常よりも売買単位が小さいので入門者でも利用しやすく、ETFを活用するとグローバルに資産運用が行えるでしょう。

詳しく見る